Google10位以内のIPアドレスのある秘密!?

昨日のことなんですが、Google検索であることが気になって、調べていました。

 

何が気になったかというと、Googleの検索結果の10位以内で、1個のIPアドレスで、1サイト以上表示されているかということ。

 

ビックキーワードの場合を調べみたんですが、例えばFXというキーワードの場合は、以下のような感じになってます。

検索順位FXIP
1http://www.lfx.jp/125.206.115.72
2http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%82%BA%E6%9B%BF%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E9%87%91%E5%8F%96%E5%BC%95208.80.152.2
3http://www.gaitame.com/202.58.1.41
4http://www.virtualfx.jp/202.58.1.44
5http://www.the-fx.com/60.32.201.108
6http://www.cn5c.com/202.172.28.12
7http://min-fx.jp/203.167.51.108
8http://www.igmarkets.co.jp/202.238.95.168
9http://www.atomcard.sakura.ne.jp/219.94.129.64
10http://with-fx.com/202.172.28.28

 

ここで、注目したいのが、3位のhttp://www.gaitame.com/(外為どっとコムさん)と、4位のhttp://www.virtualfx.jp/(バーチャルFXさん)です。これは、「202.58.1」という数字、つまりCクラスまでが一緒で、その後に続く、「41」、「44」というDクラスだけが違っているんですよね。

 

まあ、私が何気、IPアドレスの「クラス」って使ってるんですが、クラスってそもそも何なのかっていうと、

 

 

こんな感じ、「200」がAクラスで、その後ろの「00」がBクラス、そしてそのまた後ろの「0」がCクラスで、最後の「00」がDクラスとなります。

 

そんなIPアドレスのクラスとかを「FX」以外でも調べていくと、「ホームページ制作」というキーワードでは、

 

検索順位ホームページ制作IP
1http://www.hp-maker.net/202.218.155.212
2http://www.homepagegallery.jp/124.40.3.31
3http://www.tifana.com/182.48.35.16
4http://www.megapx.com/210.251.253.237
5http://www.opty-creation.co.jp/203.83.247.227
6http://www.hp-web.net/117.104.142.25
7http://www.sc-webs.com/122.200.252.144
8http://www.m-hand.com/111.68.142.7
9http://02www.com/web/210.188.201.198
10http://www.1st-net.jp/124.248.149.110

 

こんな感じになっていたり、また「SEO」というキーワードにおいては、

 

検索順位SEOIP
1http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96208.80.152.2
2http://e-words.jp/w/SEO.html203.143.127.139
3http://www.seotools.jp/219.94.168.199
4http://siterepair.ddo.jp/118.4.215.90
5http://seosearch.biz/210.172.144.178
6http://www.seojapan.com/203.104.102.156
7http://www.seo-solution.jp/49.212.2.189
8http://d.hatena.ne.jp/keyword/SEO59.106.108.77
9http://seostream.com/67.18.177.208
10http://www.semseo.jp/58.156.7.91

今回は、6月30日現在確認のGoogle検索10位以内のサイトのみの調査です。

 

こうだったり、他にも、「不動産」や「レーシック」、「探偵」など、いろんなビックキーワードでGoogle検索の10位以内のサイトでどんなIPアドレスが使われ、その1個のIPアドレスで1サイト以上、上位に表示しているかを調べていたんですが、結局、「FX」だけが、Cクラスまでが一緒でDクラスが違うだけのものしか発見できず、他はAクラスまでのIPアドレスで10位以内にサイトが表示されていることが分かりました。今回調べた他の「不動産」や「レーシック」などのGoogle10位以内のIPが気になる方は、エクセルにまとめたものをこちらからダウンロードにしてます。(※現在、配布は停止しています)、、まあ、調べたら一瞬で分かるんですけど、調べるのが面倒な人はポチっとしてください。

 

このことから、Google検索においては、IPアドレス1個に対して1サイト以上の10位以内表示がされにくい可能性が高いと考えています。ただし、例えば、IPアドレス1個で2サイトで両方を「SEO」というキーワードでの上位表示化は難しいですが、1サイトを「SEO」というキーワードで対策を行い、もう1サイトを「検索エンジン最適化」というキーワードで行うといった場合は、上位表示させたいキーワードが異なるので、これは検索結果10位以内に表示させることができる可能性が高いです。また、ミドルやスモールワードでは、例えば、「メディアフェイス」と検索すると、

 

 

こんな感じで、SEO用サイトと、弊社のサイト2個表示されており、このIPアドレスは実は一緒なんですよね。これ以外にも1個のIPアドレスで、検索結果において2個とか3個表示されているケースもあるので、例外はあります。

 


他の記事も読んでみませんか
【内部対策】:タイトルタグだけで上位化させる最高峰のSEO対策”9″つの戦術
【内部対策】:悪意のない、サイト内重複コンテンツでペナルティ”6”事例
【CRO】 :サイトに訪れたユーザーを逃さない、直帰率を改善する”11″の方法
【ツール】 :プロのSEO技術者なら知っている、使えるツール&サイト56選!
【戦 略】 :最高のキーワード選定は上位化率をアップさせSEOを成功へ導く
【内部対策】:Googleの形態素解析アルゴリズムを分析して内部SEOに活用する
【仮 定】 :関連性の高いサイトからのリンクが危険な理由
【内部対策】:【内部対策】低品質なページを改善して検索順位上げる方法
【調 査】 :有名サイト、昔と今のタイトルタグを比較
【仮 定】 :認知度やニーズの変化による検索ランキングの変化